【中古車購入】中古車販売店とディーラーで購入するのは違いあるの?メリット・デメリット

車を購入する時に気になる事としてあるのがディ―ラーで買うのと中古車店で車を買うかでどう違うのかと思ってしまうというのがあります。では実際にディ―ラーで車を買うのと中古車販売店で買うのとではどういうメリットとデメリットがあるかというとまずあるのがディ―ラーで車を買う時は特定のメーカーの車のみを扱っていて質が高い車のみ扱っているというのがあります。

なのでディ―ラーで車を買えばそれなりに良い車が買えるという良さがあります。その反面中古車販売店で車を買うとそこで扱っている車はディ―ラーで扱っている車よりも質が悪いという事が多いというデメリットがあります。

ですから同じ車を買う時でもディ―ラーで買うのと中古車販売店で買うのとではかなり違ってきます。確かに中古車販売店で買えばかなり安く中古車を買う事ができます。

ですがその反面かなりリスクもあります。それは中古車販売店で車を買うとそこは適当に安いオークションで仕入れた車を売っているというのがあります。そのせいであまり質が良くない車も混ぜっている事が多いです。

なので安かろう悪かろうになる事が多いのでそこは注意しないといけないです。ですから質が良い車を買ってアフターケアも期待したいならディ―ラーで買うのが良いです。

もちろんその分値段は高めになります。そういう違いを分かった上でどちらで車を買うかを決めた方が良いです。そうしないと安さだけで中古車販売店で車を買うとアフターケアがなかったり思った以上に酷い車を買ってしまう事もあります。